お知らせ

名古屋八雲会

名古屋八雲会事務局

連絡先: 石川春樹      
     Tel: 090-3467-6950
     e-mail:iiore586@yahoo.co.jp

 

 

小泉八雲避暑の家

明治村「小泉八雲避暑の家」

小泉八雲は、明治30年(1897年)、初めて焼津を訪れました。泳ぐのに適した海を探していた八雲は、焼津の荒くて深い海が気に入り、以降、明治32年・33年・34年・35年・37年と、亡くなるまで、ほとんど毎年のように焼津の海を訪れ一月余りを過ごしました。

八雲は海を愛し、泳ぎの達人でしたが、八雲にとって夏を「海」で過ごすことは、ただの避暑とか海水浴ではなく、もっと深い意味合いがありました。作家小泉八雲にとって、それは、都市化の進む東京での息苦しい生活から逃れ、創作の新たなイメージを授かる「精霊」に出会えるところでありました。

昭和43年9月、愛知県犬山市財団法人明治村は、静岡県焼津市で水産加工業を営んでいた天野庄平から、当時県の史蹟の指定を受けていたが、百年も経過し老朽化の進んだ一軒の家を譲り受けました。 それから凡そ2年半後の昭和46年3月18日、明治村に五つの建物が新たに加わりましたが、その中にこの家がありました。それが、「小泉八雲避暑の家」です。

この「小泉八雲避暑の家」が奇しくも、この愛知県犬山市の明治村に移築され、その嘗ての姿を今に止めています。 私たちは、世界的な文豪ラフカディオ・ハーンが過ごしたこの貴重な文化財を深く愛し、広く周知させると共に、彼を深く研究する事によって、彼の残した貴重な精神的遺産を継承する義務があると考えるものです。

お知らせ

「名古屋八雲会」第十七回定例会を以下の日時で開催いたします。

日時: 2019年11月27日(水)

場所: 「名古屋芸術創造センター(5F 中会議室)」
(名古屋市東区葵一丁目3番27号 TEL 052-931-1811  FAX 052-931-7145)

【交通アクセス】
・地下鉄東山線「新栄町」下車 1番出口より北へ徒歩3分
・地下鉄桜通線「高岳」下車 3番出口より東へ徒歩5分

時間: 19時00分~20時00分

内容: 内容は『霊の日本』に収められている「恋の因果」の読書会を行います。
できれば、当日までにご一読の上、ご参加いただけるとありがたいです。
今回は、少し早めですが、忘年会を兼ねて行いたいとおもいますので、みなさま是非ご出席いただけるとありがたいです。

参考図書: 『小泉八雲集』上田和夫訳(新潮文庫)