会則

名古屋八雲会会則

(名称)

第1条 本会は、名古屋八雲会(以下「本会」という)と称する。

(組織)

第2条 本会の目的に賛同する者をもって会員とする。

(目的)

第3条 本会は、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の作品を学び、楽しむと言うこと、それを通して、八雲の精神性を理解し、それを広めていくこと、また、八雲作品を通して、日本の文化・民族の理解を深めていくことを目的とする。

(事業)

第4条 本会は前条の目的を達成するため、次のことを行う。

1. 講演会、座談会、作品研究会等の開催

2. 対話を通して、インプット・アウトプットできるプラットフォームとしての「八雲会」にするための適当な事業

(事務局)

第5条 本会の事務局は、名古屋市千種区富士見台5-24-2-603におく。

(役員)

第6条 本会に次の役員を置き、役員の選出、任期、任務については本条の定めるとおりとする。

1. (役員) 顧問、会長、副会長、理事(若干名)、監事。

2. (会員の選出) 総会において選出する。

3. (役員の任期) 任期は2ヶ年とする。ただし、再選を妨げない。補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。

4. (役員の任務) 会長は、本会を代表し、会務を総括する。

副会長は、会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。

理事は、事業の遂行にあたる。

監事は、本会の会計を監査し、その報告を行う。

顧問は、会長の諮問に応ずる。

(会議)

第7条 本会の会議は、総会及び役員会とし、会長が招集し、会議の議長となる。

1. 総会は年1回とし、6月10日頃に定期総会を開催、事業計画、予算及び決算、役員選挙、会則の改廃その他重要事項を審議する。

2. 役員会は必要の都度開催し、案件の処理、事業の推進、総会への提案事項の審議などを行う。

(経費)

第8条 本会の経費は、会費、助成金、寄付金、その他の収入もってあてる。

1. 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

2. 会費の扱いは、次のとおりとする。

賛助会員 年額 1口5,000円(口数限定せず)

普通会員 年額 3,000円

(附則)

この会則は、平成28年11月5日から施行する。